Slow Runner
もう一度フルマラソンを走りたい!
プロフィール

Author:excimer

今月のおサボり状況

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SUBARU ECOLOGY

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薩摩と長州
鹿児島市には、あまり時間を掛けなかったのですが、ぱっと地図を見るだけでも山口と共通点があるなぁと感じたので、ざっと挙げてみたいと思います。


---

一つは、維新にゆかりの地であること。
「維新」を冠する施設が県庁所在地にあるのは同じだなぁ・・・と思いました。

鹿児島市維新ふるさと館
山口県維新百年記念公園

目的はぜんぜん違いますが、地図をぱっとみて、やっぱ「維新」を冠する場所がここにもあるよなぁ・・・と思いました。



---

維新はもう200年も前の話なのですが、戊辰戦争を巡って、会津若松と萩の市長が手打ちをしたとかしないとかの話が未だにあるくらいです。

そういえば、仕事場に東北の出身の方が赴任してこられたということで、歓迎するつもりで「維新」という居酒屋に連れて行ったのですが、生まれは福島と聞き冷や汗を流した記憶があります。山口とはいっても、萩とは逆の瀬戸内側で育っています。だからその辺のことがすっかり頭から抜け落ちていました。しかし、その方も、同じ福島県でも会津若松のほうではないので大丈夫といわれたのですが・・・。

ちなみに、「維新」の姉妹店には「奇兵隊」、「池田屋」というのもあります(笑)。



---

もう一つは、「ザビエル」。
日本に初めてカトリックをもたらしたのは、フランシスコ・ザビエルなのですが、彼が初めて日本に上陸したのは、鹿児島、そして、初めて教会を作ったのは山口。そして、鹿児島、山口にザビエルを冠する教会があります。

鹿児島カテドラル ザビエル教会
山口サビエル記念聖堂



---

そういえば、維新の頃、西欧列強に対して薩英戦争下関戦争など戦争しかけたのも薩摩と長州。そしてどっちもぼろ負け(笑)。

下関戦争に負けて賠償の交渉の際、高杉晋作が、古事記を引用して、敵の煙を巻いたというのを社会の時間に余談で聞いたことがあるような気がします。これも、山口県だからこその余談なのかも知れません。



---

今回の旅を通じ、鹿児島へ親近感を感じるようになりました。
今度は、鹿児島市内をゆっくり回り、また、指宿や開聞岳へも行ってみたいものだと思っています。




スポンサーサイト
黒酢、桜島 -鹿児島県霧島市・鹿児島市-
二日目。

朝起きた時点で、せっかく鹿児島まで来たら、桜島を見らねばと思い、桜島へ行くこととしました。宿のご主人と思しき方より道案内をしていただきました。

良かったら黒酢を作っているところがあるので見にいかれたらどうでしょう?ということで、急遽、コースに加えることとなりました。


---

大隈半島へ入り、宿の方より教えていただいた「くろず情報館 壷畑」へ・・・。

DSCN1506.jpg


なんか、どこかで見たことがあるような風景です。
この甕のなかで黒酢が発酵しているらしいです。この近くにはこのような黒い甕が並んだところが点々と存在まし下。

りんご黒酢の試飲をさせていただきました。意外と飲みやすい・・・。




---


道の駅たるみず」にて、休足。
足湯がありましたが、残念ながら見るだけでした(笑)。



---

桜島では、湯之平展望台に登り桜島と鹿児島市内を展望しました。

写真は、展望台より鹿児島市内を望む。

DSCN1512.jpg



そういえば、宿の方より、桜島には長淵剛のモニュメントが有ると聞きました。ファンにとってはここは聖地なのでしょうね。私は、長淵剛と聞くとなぜか志穂美悦子をなぜか思い出すのです。。。(笑)

桜島の道の駅でお土産を購入しました。(たいしたものは買ってません)



---

ついで、フェリーに乗り桜島より対岸の鹿児島市に渡りました。
15分程度の船旅・・・。

フェリー客室より眺めた桜島が綺麗で何枚か写真を撮っていましたが、フィルムのカメラだったので、ここではお見せできません・・・。

フェリーの運賃も安いし、眺めもいいのでお勧めです。



---

鹿児島市内は車中より眺める程度で帰路に着きました。

鹿児島市内は、広島市内と何だか似ているような気がしました。
もっとも、市電が走っている所ならば、長崎でも、熊本でもそう感じてしまうのかもしれませんが・・・。



---

くろず情報館 「壺畑」・・・http://www.tsubobatake.co.jp/

坂元醸造・・・http://www.kurozu.co.jp/

桜島フェリー・・・http://www.sakurajima-ferry.jp/

九州の道の駅・・・http://www.qsr.mlit.go.jp/n-michi/michi_no_eki/index.html



宿!
今回の旅でよった宿に関しては、宿の名前は言わないことにします。

宿でいやな目にあったわけでも、超リッチな訳でもなく、ご飯もそれなりで、お風呂も掛け流しで、宿の方も一生懸命サービスしてもらったいい宿でした。

・・・にもかかわらず、少し物足りないのです。(ゴメンナサイ)


---

今回の宿は悪い宿ではありませんでした。
しかし、なんか「この宿でよかったぁ・・・」と心から思えなかったことも事実。ネットなどで、色々評価が良いと書いてあるからこそ、過大に期待したところがあったのかもしれません。

私みたいなひねくれ者が居るので、客商売って大変!って思います。



霧島神宮 -鹿児島県霧島市-
霧島神宮の参拝に先立ち、目に飛び込んできたのが桜島。

これが桜島かぁ・・・。

DSCN1489.jpg


鹿児島の人にとっては「故郷そのもの」的なものなのでしょうね。。。
なんだかうらやましいような気がします。

私は広島市で生まれましたが、育ちは山口で、殆ど山口県人なのですが、山口に桜島的なものは無いなぁ・・・。


---

霧島神社に参拝しました。
由緒正しい神社のようですが、詳しくはHPを参照してください(苦笑)。


DSCN1498.jpg



霧島神社には、さざれ石がありました。
あの「君が代」のさざれ石だそうです。
しかし、この石自体は、岐阜から来たそうです。

なんで霧島にあるのか私にとっては、謎でした・・・(笑)。


---

霧島神社・・・http://www.kirishimajingu.or.jp/




霧島ドライブ -宮崎県えびの市・鹿児島県霧島市-
生駒高原を出て、霧島へ向けて県道1号線を南下。
標高は高くなり、高原独特の涼しさを感じるようになりました。

秋らしさはススキの穂くらいで、紅葉には程遠い感じがしました。

不動池付近で、多くの車が路肩に駐車していました。
ここから韓国岳に登っているひとのものでしょうか。

普段ランニングで鍛えているので、韓国岳えびの高原で登山やトレッキングを楽しみたかったのですが、今回は行きませんでした。いつか機会があれば良いなと思っています。。。



---

とりあえず、霧島神社へ・・・と思い車を走らせていると・・・。

DSCN1482.jpg


鹿が数頭路肩にたたずんで居ました。
「餌をやるな」の看板があったので、餌目当てによく出てくるのでしょうね。餌はやりませんでしたが、ついつい車を止めて見入ってしまいました。嬉しい誤算でした。



---

DSCN1487.jpg


硫黄谷という名前にふさわしく道の傍らから、硫黄のにおいと共に、写真のように温泉の蒸気が上がっているところが何箇所かありました。鹿児島は、指宿の砂蒸や、開聞岳や櫻島もそうですが、火山や温泉が多いところなのだな・・・と改めて感じました。


DSCN1488.jpg


ちなみに、上の写真は丸尾滝
温泉の滝なのだそうです・・・。人が多くいましたし、妻が止めるので確認はしませんでした・・・(苦笑)。



---

霧島観光.com・・・http://kirishimakankou.com/

ドライブには、ここのHPのpdfの地図をプリントアウトして用いました。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。