Slow Runner
もう一度フルマラソンを走りたい!
プロフィール

excimer

Author:excimer

今月のおサボり状況

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SUBARU ECOLOGY

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアコン
2台エアコン購入しました。
一台は、8畳の1Fリビング用、もう一台は8畳の2F寝室用。

ウチは、在来工法の木造住宅で、壁には断熱グラスウールと、ガラスはペアガラスで断熱しています。ちなみに、リビングは東南の角部屋、寝室は南西の角部屋です。

リビングは一日のうち一番過ごす時間が長く、つまりエアコンの稼働時間も長くなることから、値段は高くても効率の良い最上位機種ものをつけることにしました。

寝室は、夏の寝るときの冷房と、ウォークインクローゼットがあるため、冬の着替えのための暖房として使いたかったのですが、着替えは時間が短い(くして欲しい?)ので、石油ストーブに任せることにして、エアコンは夏の寝るときの冷房と割り切ることにし、安い深夜電力を主に使うため、効率はまあまあの最下級機種にしました。

いずれもダイキン製。

色々考えたのですが、業務用のメーカであること、(安く買い叩く(?))ある量販店では取り扱わせてもらえないというところに惹かれました(笑)。しかし、それだけ、自社の製品に自信を持っているってことでしょう。

他の会社を見るといろいろな機能がついています。カタログスペック的にも一番では有りません。しかし、その優劣が人間の感性にどの程度作用するのかとは別問題のような気がします。

それよりも、基本性能がしっかりしている方が、良いと感じる、と信じています。色々小物がついた車も良いですが、それよりも、「走る曲がる止まる」ことがしっかりした車の方が運転していて気持ちいいものです。それと同じようなものだと思っています。

ただ、私にとってダイキンがそれに当たるか、それはまだ分かりません(笑)。しかし、何故かYマダでは扱わせて貰えないダイキンに賭けてみることにしました。

それと、今回購入したのは、いずれも2007年。。。つまり去年のモデル。
型遅れということで、特にリビングのエアコンは(最上位グレードのためマージンもそれなりなのか)、かなり安く買えました。



---

エアコンについては、去年から故障を通じ色々思うところがあり、何度かにわたって書くかもです。



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

エアコン、我が家ではまだお世話になっていない電化製品です。
でも北海道でのストーブと同じように、欠かせないものですよね。
暑い時期にホントはエアコンがあれば良いなーって思うのですが、扇風機で2週間ほど凌ぐと押し入れにしまってしまいます。(^▽^;)
ダイキン製品、業務用では定評があるメーカーですよね。
やはり品質性能が高いのではないでしょうか。

【2008/02/18 22:05】 URL | まさお #- [ 編集]


食器洗浄機を買うときに、私も業務用というのに引かれてHOSHIZAKIにしました。(今は家庭用をやめてしまったようですけど) 結果、満足してます。
excimerさんのエアコントラブルの記事も読みました。 写真とって置こう、って思いました。 ダイキンがexcimerさんにとって、「有り」のメーカーになるといいですね!
【2008/02/18 22:49】 URL | Para #GsbZZxQM [ 編集]


まさおさん>
北海道では不要でしょうね。。。(笑)夏場は北海道、冬は沖縄で暮らせたら良いなと思ったりしています。
まだ使いはじめたばかりなのですが、悪くない感触です。

Paraさん>
ありがとうございます。
hoshizaki・・・渋い選択ですね!うちもペンギンマーク欲しいです(笑)。
ちょっとエグイかなと一度は消しましたが読まれていたのですね(汗)。
施工前の写真はホントオススメしますです。
【2008/02/19 08:21】 URL | excimer #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://excimer.blog33.fc2.com/tb.php/473-a48277fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。